政治学

鞆幕府の成立と滅亡 〜そろそろ「幕府」って使うのを止めませんか?〜

「いいくにつくろう、鎌倉幕府」は日本史で最も憶えやすい語呂合わせで、鎌倉幕府の成立を1192年と記憶しているロスジェネ世代も多いことだろう。しかし最近の中学や高校の歴史の教科書では、鎌倉幕府の成立を源頼朝が征夷大将軍に任命された1192年ではなく1185年と教えている。語呂合わせは「いいはこつくろう、鎌倉幕府」。1185年に文治の勅許により源頼朝が諸国に守護・地頭を設置することが認められ、軍事・警察権を実質的に掌握したことを源氏政権の成立と見なす学説が主流になってきたことが大きい。

エッセイ

台所ションのすすめ

私が東京生活を始めた時は、風呂なしトイレ共同のアパートからスタートした。「トイレ共同」というのが「風呂なし」以上にキツくて、共同トイレは離れにあったけど大家さんはほとんど掃除していなくて、虫がうじゃうじゃいる感じの汚さだった。私は博愛主義者なので虫は殺さないが、大量の虫にはさすがに恐怖を感じる。そこで、私が生活習慣として身につけたのは台所ションだ。

インターネット

「facebookってどんなサービスですか?」「グルメガイドです」

それだけに、最近facebookが面白くなくなってきた。以前から毎日のご飯の投稿が多かったけど、その比重がますます高まって、それ以外の投稿も比較的当たり障りのないようなものが多くなってきた。初期のmixiやfacebookにあったような、SNSだからこそ知り得るような裏情報はそこにはない。

インターネット

承認欲求と公共圏と大衆の意思

承認欲求はネット社会固有のものではない。facebookいいねやはてなスターの代わりに、現実社会では「ありがとうございます」「おっしゃるとおりです」「お疲れ様です」と社交辞令や挨拶を言い合うことによって、お互いの存在や立場を承認する。敬語などでは相手のポジションを承認して言い回しを変えたり、ネット社会よりもはるかに複雑に発達している。

エッセイ

ブログ記事にしようと思ったけどボツにした記事

ボツにしたエントリー(記事)ってありますか?ボツにした理由をまとめてみたを読んで、そういえば私もブログ記事を書こうと思って途中まで書きかけたけど、ボツにした記事が沢山あったなーと思いました。私のボツ記事は「単発記事として書くにはネタが薄いな」と判断したものが多いです。そんなボツ記事を紹介してみます。

歴史・軍事

大本営はB29「エノラ・ゲイ」の情報を事前に察知していた

大本営の陸軍将校に堀英三という人物がいました。彼は情報分析のプロフェッショナルで、連合国軍の作戦に一定の法則性があることを見抜き、フィリピン決戦における連合国軍のフィリピン上陸の日時や規模や侵攻ルートなどをピタリと的中させました。そのため、彼は大本営において「マッカーサー参謀」という異名を持つようになります。彼は『敵軍戦法早わかり』という文書を書き記し、米軍への水際での突撃や夜間の銃剣突撃を行わない方が良いという情報を全軍に伝達しています。この伝達が活かされた事例に硫黄島の戦いがあります。