歴史・軍事

日本人は無宗教か

日本人と宗教はどのような関係にあるのでしょうか。日本は古くから自然崇拝を基礎とした神道が発達し、文明を築いてからは大陸から仏教を積極的に受容しました。さらに16世紀になるとキリスト教が伝来し、明治時代には国家神道が確立した歴史を持っています。しかし今、多くの日本人は自分を「無宗教」であると考えています。その背景は、どこら辺にあるのでしょうか?

社会学

東京ディズニーランドとオウム真理教

日本を代表するテーマパークの一つ、東京ディズニーランド。毎年1,700万を越える人々が来園し、数多くのアトラクションを楽しんだり、ミッキーマウスなど愉快な仲間達のパレードを観覧したり、ディズニーの世界観を持ち込んだショッピングモールで買い物をしたりします。しかし、社会学者の中には、東京ディズニーランドとオウム真理教の類似性を指摘する学者もいます。

社会学

家族とは

長谷川町子原作の人気漫画「サザエさん」。最初の頃の「サザエさん」は、サザエさんがマスオさんと結婚をしたり、タラちゃんを出産したりと、登場人物の様々な成長が描かれていました。しかし、ある時期を境に、登場人物は歳をとらなくなりました。時が止まったままのサザエさん。そこには、かつて戦後世代の平均的な家庭の姿であった「サザエさん」が、時代と共に”珍しく”なってしまったことへの長谷川の苦悩があったと言われています。