2012年11月

社会学

職業威信スコアとは何か

現代社会において、職業はその人の地位を決定する重要な指標の1つとなっています。それだけに、人は職業に対して様々な「こだわり」を見せます。そのこだわりの1つに職業の「格付け」があります。例えば、ある特定の職業を「立派な職業」と称賛したり驚嘆したり、あるいは「将来子供に就いてほしい」「大学へ行けばこういうちゃんとした職業に就けるようになる」と思ったり。そういう職業に対する主観的な格付けは、職業威信と呼ばれます。職業威信は、地位達成を巡る構造を分析していく上で、重要な手がかりとなっています。

歴史・軍事

中野区の教育委員会の準公選制度

「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」(地教行法)の成立によって、教育委員は住民投票ではなく自治体の首長が議会の承認を経て決定する制度へと変更になりました。しかし、この制度のあり方に対して、過去に大きな挑戦をした自治体があります。その自治体とは、東京都中野区です。東京都中野区は1979年に住民投票に基づく教育委員の準公選制度の導入を決定しました。この準公選制度の意義、そして限界とは何だったのか。

歴史・軍事

日本人は無宗教か

日本人と宗教はどのような関係にあるのでしょうか。日本は古くから自然崇拝を基礎とした神道が発達し、文明を築いてからは大陸から仏教を積極的に受容しました。さらに16世紀になるとキリスト教が伝来し、明治時代には国家神道が確立した歴史を持っています。しかし今、多くの日本人は自分を「無宗教」であると考えています。その背景は、どこら辺にあるのでしょうか?

社会学

東京ディズニーランドとオウム真理教

日本を代表するテーマパークの一つ、東京ディズニーランド。毎年1,700万を越える人々が来園し、数多くのアトラクションを楽しんだり、ミッキーマウスなど愉快な仲間達のパレードを観覧したり、ディズニーの世界観を持ち込んだショッピングモールで買い物をしたりします。しかし、社会学者の中には、東京ディズニーランドとオウム真理教の類似性を指摘する学者もいます。