2013年3月

エッセイ

被災地の福島県相馬市出身の私の当事者性

私の故郷は福島県相馬市です。一昨年の東日本大震災で、地震・津波・原発事故と、大変な被害を受けました。しかし、いま私は東京に住んでいます。私が故郷の問題を語る時、それがどれくらいの「当事者性」を持っているのか疑問に感じることが多々あります。あまり、まとまっていませんが、自分の心情を書かせて頂ければと思います。

社会学

社会問題を学ぶための英語の入門書籍・映画

15年ほど前に私が開設していたサイトに、Yahoo掲示板の「ゆっくりと社会を科学」トピックで知り合った、ぴいちくさんというアメリカ在住の日本人から、社会問題を学ぶための参考文献や映画を寄稿して頂いたことがありました。ぴいちくさんは既に他界されていらっしゃらないのですが、ぴいちくさんの残された思いを受け継いで、当時のテキストをアップいたします。

政治学

広島への原爆投下を大本営はどこまで把握していたのか

第二次世界大戦は人類史上初めての核戦争であり大規模原子力被害を経験した戦争でもありました。しかし、私達は広島・長崎に原爆が投下されたことは知っていても、その前後に大本営がどのような対策を取ったのかはあまり知られていません。ここでは、広島への原爆投下に焦点を当てて、その前後の動きから原子力被害に大本営がどう対応したのかを検証します。

LInux

さくらVPS SSDプランのディスクI/O性能を計測

最近になってさくらインターネットのさくらVPSにSSDプランがリリースされましたが、どれくらいのディスクI/Oのパフォーマンスを発揮するのでしょうか。ボトルネックはないのか。ここでは、私がレンタルしたさくらVPS SSDオプションを、bonnie++を使ってディスクI/Oを計測してみました。また、比較として他のSSDマシンのデータも載せています。

インフラ

コールセンターの債権回収システム開発の思い出

IT業界駆け出しの頃、コールセンターの債権回収システムの構築に携わったことがあります。CTI(Computer Telephony Integration)、つまり「コンピュータと電話の融合」と呼ばれる技術を使っていました。今でいうCRM(Customer Relationship Management)の走りのようなサービスだったのですが、けっこうキツくてなかなかブラックな仕事でした。その内情を少しだけ書きます。