IPフォワード設定方法

L3スイッチ→サーバー1(グローバルIPのNIC)と、サーバー1(ローカルIPのNIC)→L2スイッチ→別な内部サーバー(ローカルIP)というネットワーク構成の場合、内部サーバーからインターネットにアクセスするにはIPフォワードを設定する必要があります(Linuxサーバーで簡易ルーターを構成する必要があります)。ここでは、CentOSを例にその設定を解説します。

グローバル接続サーバーの設定(NIC1 : 202.188.134.10 NIC2:10.0.0.100 )

IPフォワード設定(proc)

IPフォワード設定(sysconf)

IPマスカレード設定

(iptablesはファイヤウォールではなくIPマスカレードに使用します。iptables以外にもIPマスカレードを構成する手順はありますが、今回はiptables)

デフォルトゲートウェイ設定

ネットワークリスタート

クライアントサーバーの設定

この記事をシェアする

コメントを残す