自宅サーバーにMuninを導入しました

Muninの導入

いつ何時もサーバーの監視こそ、サーバーエンジニアの務め!ということで、自宅サーバーにリソース監視ツール・muninを導入しました。

CentOSなどの場合はmuninはdagレポジトリから入りますが、openSUSEでは同じようにPackmanの拡張レポジトリを指定します(OpenSUSE 12.2の場合は( http://packman.inode.at/suse/12.2/ )。レポジトリを追加した後は普通にzypperでmuninとmunin-nodeをインストールできます。

(今回、監視サーバーと監視対象ノードが同一サーバーなので、muninとmunin-nodeをインストールしましたが、本来はこの2つは分けるべきです)

CentOSと同様に、openSUSE版のmunin-nodeもプラグインが不足しているので、シンボリックリンクを貼ります(今回はMySQLとNginx)。

MuninでNginx監視・MySQL監視

また、/etc/munin/plugin-conf.d/munin-nodeに以下を追記します。

Nginxのステータスをみられるように、/etc/nginx/nginx.confに以下を追加します。

munin-nodeを再起動します。

これでmunin-nodeは稼働します。muninはCRONでこのmunin-nodeの情報を参照します。

特に公開して困らないので、muninの監視画面の情報を公開することにしました。

http://www.testvps.info/munin/saito/geek.saito/index.html

上記で私の自宅サーバーのリソース状況が確認できます。過疎っているので、スカスカですw

コメントを残す