CATEGORY 社会学

エッセイ

男子トイレと女子トイレの区別は必要ない(排泄社会論)

家族とは排泄を共有する共同体である。基本的にいま日本で多くなっている核家族の家庭では、男子トイレと女子トイレを別々にすることはほとんど行われていない。一家に1つのトイレを家族全員が共有することによって、家族は相互に結びついているのである。これは1LDKの部屋でも、六本木の高級住宅でも田舎の一軒家でも変わらない。

歴史・軍事

民主党とスパイの思い出

海江田万里事務所から、「民主党党員登録更新のお願い」という手紙が届いた。「厳しい状況下ではございますが、代表である海江田万里をお支え頂きたく、よろしくご検討いただけますようお願い申し上げます」と書かれてあって、党費6,000円の振込用紙が同封されていた。正直、更新すべきかどうかは迷っていて、まだ返事をしていない。

社会学

いつか革命が起きると信じていた

私が興味を持ったのは革命思想だった。具体的にはマルクスだ。図書館でマルクスの『共産党宣言』を読んで、「ヨーロッパに亡霊が出る」様子がありありと描かれているのに戦慄を覚えた。既に東西冷戦終結し、社会主義国家はオワコンになっていたが、マルクスの指摘した「労働者の疎外」の概念は現代でも適用できるのではないかと思った。