CATEGORY 政治学

政治学

日本軍の諜報戦:ニ・二六事件の「ジミー」と対米スパイ「ラットランド」

日本を巡る諜報事件としては、ソ連のスパイ・ゾルゲが日本政府関係者や新聞記者と接触して御前会議の「帝国国策遂行要領」などを入手し、日本がソ連攻撃ではなくアメリカ・イギリス・オランダの支配する南方に向かう予定であることをソ連政府に報告していたゾルゲ事件が有名だけど、今回はあまり知られていない「ジミー」と「ラットランド」を取り上げる。

政治学

鞆幕府の成立と滅亡 〜そろそろ「幕府」って使うのを止めませんか?〜

「いいくにつくろう、鎌倉幕府」は日本史で最も憶えやすい語呂合わせで、鎌倉幕府の成立を1192年と記憶しているロスジェネ世代も多いことだろう。しかし最近の中学や高校の歴史の教科書では、鎌倉幕府の成立を源頼朝が征夷大将軍に任命された1192年ではなく1185年と教えている。語呂合わせは「いいはこつくろう、鎌倉幕府」。1185年に文治の勅許により源頼朝が諸国に守護・地頭を設置することが認められ、軍事・警察権を実質的に掌握したことを源氏政権の成立と見なす学説が主流になってきたことが大きい。

エッセイ

貨幣価値やハイパーインフレを巡る議論(2002年)

私が以前開設していたWEBサイトの掲示板で、2002年頃、貨幣価値やハイパーインフレに関して議論したことがありました。過去のアーカイブを見ていて偶然発掘しました。2002年と現在では経済状況が全く違い、日本経済は深刻なデフレに陥っています。そういう意味で現在も通用する議論であるかは評価が難しい部分もありますが、「日銀砲」を巡って貨幣論が熱い今、貨幣価値を問いなおす議論の一助となれればと思い、再掲させて頂きます。

政治学

広島への原爆投下を大本営はどこまで把握していたのか

第二次世界大戦は人類史上初めての核戦争であり大規模原子力被害を経験した戦争でもありました。しかし、私達は広島・長崎に原爆が投下されたことは知っていても、その前後に大本営がどのような対策を取ったのかはあまり知られていません。ここでは、広島への原爆投下に焦点を当てて、その前後の動きから原子力被害に大本営がどう対応したのかを検証します。