YUMレポジトリ構築方法

CentOSにYUMレポジトリを構築

まず、createrepoというパッケージをインストールします。

自作のRPMをHTTPの公開ディレクトリに移動させます。RPMの自作方法はこちらなどをご参照ください。
RPMを移動させたら、createrepoコマンドで、レポジトリのメタデータを作成します。

これでYUMレポジトリの構築は完了です。

YUMクライアント設定

YUMクライアントサーバーにレポジトリの登録を行います。

これで独自YUMが使えるようになります。クライアントサーバーで最近YUMを使っていたら、念のためyum clean allしてキャッシュをクリアしておいたほうが良いです。

CentOS6でYUMレポジトリを構築して、CentOS5がクライアントの時の注意点

CentOS6で何のオプションもつけずにcreaterepoすると、CentOS5がYUMクライアントの場合、

のようなエラーになってYUMが実行できません。これは、CentOS6のcreaterepoの暗号化方式と、CentOS5の暗号化方式が違うためです。そのため、この場合は、YUMサーバーでcreaterepoする時に以下のように実行する必要があります。

それでは、快適なYUMライフを!

この記事をシェアする

1 個のコメント

  • コメントを残す