ディストピア漫画『国民クイズ』で見る豊かだった日本

『国民クイズ』という漫画をご存じだろうか。1993年に『モーニング』で連載されていたディストピアSF漫画だ。今となっては知る人も少なくて話題に出ることも少ないが、私は小さい頃にこの国民クイズを読んで強い印象を受けた。

1993年という時代はバブル経済が崩壊した直後で、まだ日本は世界第2位の経済大国で、世界中に商品を売り歩き、アメリカの企業やロックフェラービルなど様々なものを買収していた豊かな国だった。将来の世界経済は日本を中心に動くという本も沢山あった。その時代を象徴する漫画で内容も皮肉に飛んでいて面白くオススメなので紹介させて頂きたい。

『国民クイズ』は未来を描いた漫画だ。日本で革命が起き日本国憲法が改正され、国民クイズが国権の最高機関として行政・立法・司法あらゆる面において優先されることになった。

国民クイズは日本政府の国民クイズ省が運営するクイズ番組。日本国民は国民クイズに出場してクイズに正解して勝ち残ると、何でも望みを叶えることができる。国民クイズ省のスローガンは「民主主義はもういらない あなたのための全体主義」。

国民クイズ省賞罰施行委員会(SS)の村越隊長が賞罰を実行する。国民クイズの中で「サラ金を帳消しにしたい」という合格者の願いを叶えるためにサラ金業者の社長を射殺するシーンが放映される。

国民クイズ放送中に流れるホワイトハウスからのコマーシャル。国民クイズには各国政府や日本政府の様々なCMが流れて、それが世界観を表していて面白い。アメリカは巨額の財政赤字によって日本への対外債務の支払いに滞っていた。このため、第七艦隊を日本に譲り渡す。さらに在米自衛隊の駐屯に協力している。

「国民クイズ」の中での外務省のコマーシャル。

「国民クイズ」の中での厚生省のコマーシャル。

「ロサンゼルスの寿司バーで働いている兄を強盗に襲われないようにしてほしい」という国民クイズ合格者の願いを叶えるために、国民クイズ省海外派兵局にアメリカ攻撃命令が下る。原子力空母「大原麗子」から攻撃ヘリが発進、ミサイル巡洋艦「島田千代子」がロサンゼルスにミサイルを撃ち込む。さらに上陸部隊がロサンゼルスにパラシュート降下して寿司バー周辺で掃討作戦を実施する。

その光景を見つめる国民クイズ省の本選局長と制作部長。本選局長は国民クイズ省の次期事務次官のポストを狙っており、それをブレインである制作部長の内藤が操っている。

ニューヨークの国連総会の様子。日本が唯一の常任理事国になっている。太鼓の音と「常任理事国様のおーなーりー!」という声で現れる、遠山の金さん風の日本代表。

ハイチへの武力制裁に関して国連総会で議論している様子。どの国も日本に借金をしている状態なので誰も逆らえない。日本がPKFの勘定を握っている。

国民クイズ体制の転覆を狙う反体制組織「本格派」は、ロケット弾で司会者のK井K一の暗殺を企てる。しかしK井K一の輸送車は対テロ仕様に防護されており暗殺計画は失敗。「本格派」はテロリストとして指名手配される。本格派は地下に潜伏して、日本から独立した佐渡島共和国の工作員と接触する。

国民クイズはテロに屈しない姿勢をアピールして再びクイズを始める。何かこの辺のテロとの関係は21世紀の現在を感じさせるものがある。

国民クイズの問題を作成する巨大有機コンピュータ「シゲオ」。南硫黄島に設置され、極秘裏に国民クイズの問題の作成を行っている。これも現在の人工知能やニューラルネットワーク構想の走りと言えるかもしれない。

佐渡島共和国は、日本の国民クイズ体制の転覆を狙っていた。佐渡島共和国は小笠原海溝に特殊潜水艇を潜行させ、海底の通信ケーブルでシゲオが国民クイズ省に送っている国民クイズの問題の盗聴に成功する。この辺の手口はスデーデンさんが話しているNSAの手口に近い。

国民クイズの問題を入手した佐渡島共和国は、「特攻」を国民クイズに送り込み、国民クイズにおいて問題漏洩の不正が行われていることを演出する。

この出来事によって国民クイズの権威は失墜。日本国内では国民クイズへの反対運動が起きて、国連は対日制裁を実施。国民クイズ省は追い詰められていく。

しかし、ここで大どんでん返しが起きて…。どんな結末かは読んでからのお楽しみ。

国民クイズに関しては作品中でも触れられているけど、民主主義を風刺する意味合いが強い。民主主義は誰も幸せにすることができず、資本主義は増大する利己主義を抑えられなかったが、高度に発達した資本主義から国民クイズが生まれるという考え方に立っている。クイズに勝てれば金でも地位でも女性でも何でも手に入る。だからこそ日本国民は明日への希望を持ち続けられるのだとする。

そういう観点からも『国民クイズ』はディストピアだけど、どこか爽快感がある。私のオススメのコミックです。AmazonでKindleでも買えます。

関連記事

この記事をシェアする