モバイルサービスの提供条件・端末に関するフォローアップ会合

総務省におけるMVNOの議論

現在、総務省においてSIMロック解除やMVNOの参入や料金プラン見直しについての検討が進んでいます。総務省ではどのような議論が行われているのか、ここでは総務省のICTサービス安心・安全研究会の資料を元に紹介します。

モバイルサービスの提供条件・端末に関するフォローアップ会合

総務省ICTサービス安心・安全研究会モバイルサービスの提供条件・端末に関するフォローアップ会合(第2回:2016年10月17日)において配付された検討資料です。

事務局側資料

1f2bf7e0401810ef9c368364e587159d980f1a368772bd6d64474ea75713b0f394b85b309cfc13f82b8ba72c97a69c12

ケイ・オプティコム提出資料

ec664be4c1a992f29977778d7f9b5087 98ebe1012fe2c61c51c0d5feb2949da3 636fcb33c8cf24473faeb142bb8f37c7 60b4ef17b479a867425b00d2baaffc56

IIJ提出資料

58bfa52281c4e4006d819d8b588eae47

いずれの会社もMNO(ドコモ・KDDI・ソフトバンクがMVNOの自由な参入を妨げていると指摘していますね)

この記事をシェアする