CentOSでIRCサーバー構築(SSL接続)

Irc1

CentOSでIRCサーバーを構築する

LINEやSkypeやチャットワークなどのコミュニケーションツールが流行っていても、やはり社内チャットの定番はIRC(Internet Relay Chat)!そこで今回はCentOS6にIRCサーバーを構築する方法をご紹介します。IRCサーバーは社内にも立てられますが、さくらVPSなど外部サーバーを使った場合も想定してSSL通信で暗号化する方法も解説いたします。

ircd-hybridをインストール

IRCサーバーのミドルウェアはいくつかありますが、今回はCentOS標準で用意されているircd-hybridをインストールしてみます。

これでircd-hybridがインストールされ、/etc/ircd/ircd.confが作成されますが、標準で用意されているircd.confはかなり難解なので、サンプルで用意されている簡単なircd.confに置き換えます。

SSL鍵の作成

IRCサーバーとのSSL通信に必要なSSLの鍵ファイルを準備します。ここでは、ドメインはirc.example.comとします。

最後のコマンド実行後にSSL証明書について幾つか質問されますので、答えていきます。

これでSSL証明書が準備できました。

ircd.confの編集

ircd.confを編集します。編集箇所だけリストアップします。

最後にircdを起動させます。

IRCクライアントからの接続

LimeChatなどのIRCクライアントから接続します。ポートは6667。SSLチェックは忘れずに付けましょう。うまく成功すると以下のようにIRCクライアントにメッセージが表示されます。

これでログイン成功です。あとはチャンネルを作るなり自由にIRCを楽しみましょう。

なお、もし以下のメッセージが出力される場合、

SSL通信に何らかの問題が発生しています(listenでSSLポートが開いていないなど)。設定をもう一度見直しましょう。

この記事をシェアする